VAPEって?

Vapeって何?

わかりやすくいうと電子タバコ。日本では電子タバコといえば加熱式タバコのIQOSやglo、プルームテックが思い浮かぶことが多いと思います。(最近は分けられて表記されるようになってきましたね)

実は加熱式タバコって流行っているのは日本だけ!?

海外ではVapeが主流なのです!

日本で一般的に販売されているVapeはタバコを一切使用していません。ノンタール・ノンニコチンのリキッドというものを蒸気化してフレーバーを楽しむガジェットです。ということは正確には「タバコ」ではないということで「禁煙」の補助的役割を担うものです。(海外では禁煙外来にVapeをおいている国もありますね!)

MODと呼ばれる本体(バッテリー)とアトマイザーと呼ばれるリキッドを入れる容器を組み合わせて利用します。MODから電気を供給してアトマイザーの一部を加熱して蒸発したリキッドの味や香りを楽しみます。

健康面への影響は?

紙たばこに含まれるタールが有害であることはご存知だと思います。低タールのタバコや加熱式タバコに選択肢を見出す方もいらっしゃいますが、それで安心とはいえません。

加熱式タバコの煙に含まれるタールやニコチンの量は少なくなりますので周囲に対してのメリットはあると言えると思いますが、一般社団法人日本禁煙学会が「紙巻きタバコと同程度の影響がある」と警告を過去に出しております。

一方Vapeはニコチンタールが0。発生した蒸気を楽しむスタイルになるため周囲への迷惑になりません(もちろん水蒸気の量を多く発生させる方法もあるのでマナーの範疇で利用しましょう)

お高いんでしょ?

一概になんともいえないところがあります。

イニシャルコストとしてVape本体の費用が必要です。大体2000〜30000円というのが一般的かと思います。低コストで始められるようなものから機能や見た目にこだわったハイエンドと呼ばれるようなものまでラインナップがあります。

時計を考えてもらえるとわかりやすいかもしれません。時計という機能を利用するだけであれば100均で事足りますね。でも腕時計で数万円というものまであります。ブランド品、機能などで価格帯は変わります。

初心者の方がスタートするときの価格帯として当店では、本体の価格で4000-12000円くらいが多い印象です。

ランニングコストとしては月3000円程度が平均的。リキッド60mlボトルをメインで取り扱いしておりますが、よく聞かれるのがタバコの本数でどれくらいの量を吸えるのか?というところです。

いろいろな話はありますが、15mlで大体タバコ100本分くらいと言えると思います。そのため60mlボトルでは大体400本。2カートンくらいという計算になります。

タバコ1箱500円計算として1ヶ月で6箱分くらいとランニングコストが同じくらいといえますね。

1日一箱という計算の場合は、1ヶ月15000円のタバコ代がかかっているということになりますね。完全にVapeに移行できた方は5分の1までコストパフォーマンスが上がりますね。

北海道のVapeショップ NorthCloudStudio

当店は電子タバコ専門店を札幌市内2店舗、室蘭市で1店舗を展開しています。各店舗専門のスタッフが対応させていただいております。他店で購入していただいた商品、ネット通販で買ったけど使い方がわからないなど気軽にご相談していただいて構いませんよ!

遠くて行けないよ!

当店はネット通販も行っております。TOPページから通販ページをぜひご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました